内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

カタログギフトについて

TOP >  読み物 >  結婚内祝い >  カタログギフトは人気!おすすめの結婚内祝い!失礼な贈り方は?

TOP >  読み物 >  結婚内祝い >  カタログギフトは人気!おすすめの結婚内祝い!失礼な贈り方は?

カタログギフトは人気!おすすめの結婚内祝い!失礼な贈り方は?

2019/09/17 2019/09/18

結婚内祝い 披露宴 和装

何を贈ればよいのか、頭を悩ませることが多い結婚内祝いですが、最近ではカタログギフトを贈る人が増えています。 確かにカタログさえ贈れば、自分で品物をえらんでもらえるので、かなり悩みが解消しそうです。 でも、カタログにもいろいろな種類があるし、贈り方も考えなくてはなりません。 今回は結婚内祝いとしてカタログギフトを贈りたい人のために、おすすめのカタログや失礼にならない贈り方を紹介します。 カタログギフトを上手に利用して、みんなに喜ばれる結婚内祝いを贈りましょう。

最近は結婚式の引き出物にも、カタログギフトが贈られることが増えています。持ち帰るときに荷物にならないし、好きなものをえらんでもらえるので、人気の引き出物になっているようです。でも、引き出物のカタログと、結婚内祝いとして贈るカタログには違いがあります。

引き出物は結婚式の出席者、全員に同じカタログが渡されることが多いので、1冊のカタログに多くのジャンルの品物が載っていることが必要です。

結婚内祝いは結婚式が終わった後にそれぞれ渡しますから、カタログもその人に合わせたものを贈ることができます。年齢や性別、家庭の環境に合わせたカタログを贈れば、好みの品物をえらびやすく、一層喜んでもらえるはずです。

結婚内祝いの相場は、お祝いの半額から3分の1くらいといわれていますが、カタログは価格別になっているので、どんな金額のお祝いへのお返しとしても対応できます。相手によって金額を変える必要がある結婚内祝いに、とても便利なのがカタログです。

実際には、どんなカタログをえらべばよいのでしょうか。
幅広いジャンルの品物が載っている、オールマイティー型ともいえるカタログは選ぶ楽しみがありますから、ショッピングが大好きな女性にピッタリです。
相手の方の好みがはっきりしないときにも、贈れるので使い勝手がよいカタログといえます。

大手メーカーなら、手頃な価格の品物から高価格の品物まで対応できるカタログがそろっていますから、どんな方にも 喜んでもらえます。

最近はリンベルのプレゼンテージのように、写真や字が見やすい大判タイプのカタログもあります。
年配の方にやさしい配慮ですが、そのほかの人にとっても品物のイメージがつかみやすいので、おすすめできるカタログ です。

好みがはっきりとわかっている場合なら、何かに特化したカタログを贈るとよいでしょう。 どうしても女性が喜ぶ印象が強いカタログギフトですが、グルメ雑誌として有名なdancyuがプロデュースしたカタログギフトなら、男性にも喜んでもらえます。 日本全国のおいしいものが紹介されていますから、カタログを見るだけで新しい発見がありそうです。

結婚内祝い 陶芸体験

カタログは品物を贈るだけでなく、体験を贈ることができます。
エグゼタイムの体験カタログは、手頃な値段でもスパ、エステ、陶芸、乗馬、ボルダリング、いちご狩りなどさまざまな体験が楽しめます。

特に年配の人は、物はたくさん持っているから、もういらないと感じている人が多いため、このような体験に人気があります。
結婚を祝ってくれた人たちに、ステキな思い出が贈れたらうれしいですね。

もちろん年配の人だけでなく、小さな子どもがいる家庭にも、体験型カタログはうれしいはずです。 結婚内祝いが、楽しいお出かけのきっかけを作ってくれることでしょう。

普通カタログは品物をえらんだ後は、もういらないものとして処分されたりしますが、カタログ自体が思い出になったらステキですね。
ギフト専門店・シャディでは、結婚式の写真を使ったオリジナルカタログを作ってもらえます。

カタログは1冊でも作ってもらえますし、大切な写真と一緒に名前も入れてもらえます。受け取った人は品物をえらびながら、結婚式の話に花が咲くのではないでしょうか。

カタログギフト専門店 MYROOMのプレシャスポケットはカタログを使い終わった後、アルバムやはがき入れとして使うことができます。アルバムのデザインも豊富で、女性向けだけでなく、男性が使うのにぴったりのものがありますから、誰に 贈っても喜んでもらえるはずです。

カタログギフトで品物をもらった上に、おしゃれなアルバムがついてくるわけですから、受け取った人は得をした気分になれるでしょう。贈る側としても、結婚の思い出になる内祝いのカタログを、アルバムとしてずっと使ってもらえるなら、うれしい気持ちになれるのではないでしょうか。

結婚内祝い お礼状

結婚内祝いは本来、相手の自宅に持参して手渡しするものでした。 手渡しするときに、結婚祝いのお礼を伝え、無事に結婚できましたと報告をしました。

でも最近は、昼間は仕事をしているなど、相手の自宅に届ける時間的な余裕のない人が増えています。
また、相手が遠方に住んでいる場合や、届け先が何件もある場合には直接届けるのが難しいことがあるでしょう。

だから結婚内祝いを郵送するのは、決してマナー違反ではありません。 でも、直接相手に贈り物を渡すときに、無言で渡すのは失礼ですね。 あいさつやお礼の言葉を伝えるはずですが、郵送する場合には、直接言葉で伝えることができませんから、お礼状を書き ましょう。 お礼や報告だけでなく、新生活の様子なども知らせると、喜んでもらえるはずです。

お礼状は白い便せんを使うと、目上の人にも失礼になりません。どうしてもお礼状は気がひけるという人は、メッセージカードを使うと、短い文章でもサマになるので、少しは気楽に書けるのではないでしょうか。

お礼状にはお返しではなく、お礼という言葉を使いましょう。もらったから返すのではなく、あくまでも結婚の喜びを分かち合ってもらうための結婚内祝いだということを忘れないようにしましょう。

どんなにステキな贈り物でも、いきなり品物だけが届くのでは、戸惑う人もいるでしょう。

カタログギフトはそんなに大きなものではないので、手軽に郵送できます。そのため、つい忘れそうになってしまいますが、 結婚内祝いは普通の贈り物とは違います。礼儀としてのし紙をかける必要があります。 カタログを購入するお店で、サービスでのし紙をかけてくれるはずですから、必ずかけてもらうようにお願いしましょう。

のし紙の水引は紅白の結び切りか、あわじ結びをえらび、表書きは寿か内祝いとします。 贈り主(つまり自分)の名前は、結婚して新しくなった名字(その下に夫婦の名前を連名で書く場合もあります)を書きます。

カタログを郵送する場合は、のし紙の上から包装する内のしというかけ方なら、のし紙が傷む心配がありませんし、控えめな内のしは内祝いにピッタリだといわれています。 自分で直接相手に手渡できるなら、誰からの何のための贈り物なのかがすぐに分かる外のしがおすすめです。 贈り方によって、のし紙のかけ方も使い分けるとよいですね。

カタログを贈るときに、もっとも基本的で大切なことがあります。それは贈る時期です。

結婚式の終わりに渡すと決まっている引き出物なら、時期に悩むことはありませんが、結婚内祝いは結婚式が終わった後にあらためて贈るため、時期が遅くなってしまうことがあるようです。

結婚式の後、1カ月以内がちょうどよい時期です。結婚内祝いは、結婚の報告も兼ねているため、あまり遅くなると意味がありません。
それに、お祝いを渡したことも忘れるほど時間がたってから、結婚内祝いが届いても、受け取る人は素直に喜べないでしょう。
その人のことを忘れていたように思われてしまっても、仕方がありません。

今回は、結婚内祝いとしてカタログギフトを贈りたい人のために、カタログにもさまざまな種類があることを紹介しました。 今やカタログそのものが、おしゃれな贈り物になるのですから、カタログも進化を続けていることがわかります。 また、カタログを贈るときに注意するべきことも紹介したので、参考にしてください。

贈るときの礼儀やマナーを間違えなければ、贈る側にも受け取る側にもメリットがたくさんあるのがカタログギフトです。 これから結婚内祝いを贈る予定がある人は、ぜひカタログギフトを検討してみてください。

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】 カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメ、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、香典返しなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメギフトが揃っています。