1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

結婚内祝いはお返し?渡す時期は引き出物と違う!喜ばれる品物は?

結婚祝いをくださった人へ、お返しに差し上げる品物を結婚内祝いといいます。 結婚式の終わりに渡す引き出物と混同してしまう人がいるかもしれませんが、この2つには違いがあります。 今回は結婚内祝いについて解説します。引き出物との違いもよく分かるはずですから、きちんと理解して、ちゃんとお礼の 気持ちを伝えてくださいね。

目次

結婚内祝いとは

内祝いとは、家の中(つまり内です)で何かおめでたいことがあったときに、周りの人に喜びをおすそ分けして、分かち合うために配る品物のことです。昔から、結婚や出産、新築などのお祝い事があると、内祝いを配りました。

結婚内祝いなら、結婚の喜びを周りの人と分かち合うために配ります。 内祝いはお祝いをもらったかどうかに関係なく配るものでしたが、最近ではお祝いをくださった人へのお返しとして渡すことが多くなりました。昔と同じように内祝いを配ると、お祝いを要求していると勘違いをされることもあるようです。もしお祝いに関係なく配るなら、気楽に受け取れる手頃な値段の品物を用意するとよいでしょう。

結婚式の引き出物も、結婚祝い(当日のご祝儀)へのお返しという意味がありますが、それよりも結婚式に出席してくれた人たちへのお礼、お土産という意味が強いです。結婚式に出席することができない人や、そもそも結婚式をしない場合は引き出物を持って帰ってもらうことができません。そこで、結婚内祝いを贈ってお礼の気持ちを表します。

結婚内祝いを渡す時期

引き出物は結婚式の当日に渡しますが、結婚内祝いは結婚式が終わった後に渡します。 式の後1カ月以内には渡すようにしましょう。

結婚内祝いには、お祝いへのお礼の気持ちを表すとともに、無事に結婚できましたと報告する意味もあります。あまり遅くなると、結婚の報告も新鮮さを失ってしまいますから、式の後1カ月という期限は守った方がよいようです。 結婚祝いは結婚式の前に受け取ることも多いでしょう。結婚式の後1カ月もたつと、随分と間があいてしまいます。結婚祝いが届いたら、内祝いを渡すときまで待たずに、すぐにお礼の言葉を伝えましょう。電話なら思い立ったらすぐにかけられますし、直接元気な声を聞いてもらえば、それがよいお返しになるはずです。

電話をかけるなら、相手の年齢や生活を考えてください。年配の方や小さな子どもがいる家庭なら、夜は早く就寝するかもしれませんから、午後9時頃までに電話をかけた方がよいですね。食事の前後の時間は、調理や後片付けで大変な人が多いはずですから、電話をするのは控える心遣いが必要です。

そして実際に電話をするときには、最初に「今、お話しても大丈夫ですか?」の一言を忘れないでください。電話を受けた相手は心遣いに感謝して、多少のことは大目に見てくれるはずです。

結婚内祝いの相場

今では、ほとんどの結婚内祝いはお返しとして贈られているので、相場はお祝いの半分から3分の1程度の金額です。 もしお祝いと同程度(またはそれ以上)の金額の品物を贈ると、お祝いに満足していないサインだと感じる人もいます。 これではお祝いをしてくれた人を不安にしてしまうおそれもありますね。

特に目上の人には、相場以上のお返しは失礼にあたりますから、気をつけてください。 反対に相場よりも安すぎる品物を贈るのも、相手に失礼にあたります。

がっかりするだけでなく、人によっては軽く見られた、とネガティブな感情を持つ人がいますから、相場の通りに贈った方が無難です。 例外は、親戚などから高額なお祝いを受け取った場合です。 この場合は、お返しに無理をする必要はありません。

親戚からの高額なお祝いには、新しい生活の足しにして欲しいという気持ちが込められています。 お返しの相場にこだわりすぎると、せっかくの気持ちをムダにすることにつながります。

それに、例えば10万円のお祝いの半額をお返ししようとすると、品物をえらぶのも大変です。 この場合は3分の1程度の金額をかければ十分です。ただし、お礼の気持ちはきちんと伝えましょう。

お祝いは新生活に活用します、と伝えることができれば、相手の方も結婚した2人のことを頼もしいと感じてくれるでしょう。

連名でお祝いをいただくこともあります。喜びのおすそ分けをするためにも、1人あたりの金額が少ない場合でも、できる限り1人ずつお返しをしましょう。

1人いくら負担してくれたのかを計算して、やはり半額くらいをお返しするようにしてください。 1人500円の予算でも、食べきりサイズのクッキーやコーヒーなど、喜ばれそうな品物を探すことができますよ。

結婚内祝い喜ばれる品物

昔から内祝いには、消え物と呼ばれる消耗品が喜ばれてきました。 食べたり飲んだり、使ったりすると消えてなくなることから、消耗品は消え物と呼ばれる贈り物の定番でした。 短期間でなくなってしまうので、相手の家でじゃまにならず、好みなどもそれほど気にする必要がない消え物は、贈る方も受け取る方も気楽でいられたのでしょう。

なくなってしまうから、何でもよいというわけではなく、えらぶときには心遣いが必要です。 例えばお菓子を贈るなら、人数の多い家庭にはクッキーなどの日持ちのする焼き菓子の詰め合わせ、年配の人がいる家庭なら飲み込みやすいゼリー、甘いものが得意でない人がいる家庭ならおせんべいなどと、相手のことを考えながら品物をえらんでください。 また、食べやすくおすそ分けもしやすい個包装になっているもの、早く食べなくては、と焦らなくてもよいように、消費期限の長いものを贈ると安心です。

すぐになくなってしまうものでは少し寂しいと感じるなら、タオルがおすすめです。タオルは使ってもすぐになくなりませんが、風合いが悪くなるため、度々新品に交換する必要がありますから、消え物の仲間のように扱われています。 国産の高級タオルとして有名な今治タオルなら、吸収性、肌触りともに最高です。しばらくの間、大切な人たちの気分をよくしてくれるでしょう。

目上の人へは何を贈ればよいのか、困ってしまうことがあります。そんなときには、カタログギフトが喜ばれます。カタログは価格別になっているので、どんな金額のお祝いにお返しをするときにも対応できます。また、相手にえらんでもらうので、どんな品物がよいか、自分が頭を悩ませる必要がありません。

結婚内祝いの仕上げとして、お礼状を忘れてはいけません。直接、自分で贈り物を相手に渡すときのことを想像してみてください。無言で渡す人はいないでしょう。お礼の気持ちなどを相手に伝えながら渡すはずです。 結婚内祝いを宅配便などで届けてもらう場合は、直接言葉を伝えることができませんから、お礼状が必要です。結婚祝いへのお礼の気持ちを伝え、無事に結婚した報告もしてください。結婚式の様子を伝える写真を同封したり、新生活の様子なども伝えると、お祝いをしてくれた人は喜んでくれるはずです。

お礼状を書くときには、句読点を使わない、わかれるや切るなどの縁起の悪い言葉を使わないなどの約束事があります。 文章を終わらせたり、区切ったりする句読点を使わないことで、幸せが終わらないようにという願いを込め、結婚生活がうまくいくように、縁起の悪い言葉を避けたことで、これらの約束事ができました。ちょっと迷信のようだと思われるかもしれませんが、結婚生活のスタートに書くお礼状ですから、やはり縁起がよい方が受け取る人も安心してくれるでしょう。

また、お礼状にはお返しという言葉を使わないこともマナーです。お返しにはもらったから返すという義務的な響きを感じる人もいます。喜びをおすそ分けする気持ちからも、お祝いをくださった人に使うなら、お返しよりもお礼という言葉の方がよいでしょう。 最後になりましたが、人生の節目に渡す結婚内祝いには、礼儀としてのしが印刷されたのし紙をかけましょう。

水引は紅白の結び切りかあわじ結びをえらび、表書きは寿か内祝いと書きます。 名前は結婚して新しくなった名字(名字の下に夫婦の名前を連名で書く場合もあります)を書きましょう。

今回は、結婚祝いへのお返し、結婚内祝いについて解説しました。引き出物とは贈る場所も時期も違うことがわかりましたね。 相場や喜ばれる品物についても説明しましたから、実際の場面で役に立ちますよ。

結婚内祝いには、お礼状が大切なこともわかりました。注意点も紹介したので、お礼状に挑戦してみてください。 実際にはお返しとして贈られる結婚内祝いですが、そこにお礼の気持ちを込めることが大切です。周りの人たちの支えと祝福があったから、結婚という新たな人生のスタートを切ることができたのです。

自分たちでも楽しみながら、結婚内祝いを贈ってくださいね。

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。