1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

人気お菓子やカタログギフトを紹介。結婚内祝いのマナーと礼儀

結婚のときには、たくさんのお祝いをいただきます。うれしく、ありがたいことですが、きちんとお礼をするためにはどうすればよいのか、考えてしまいます。結婚式に出席してくれる人には、引き出物を持ち帰ってもらいますが、みなが結婚式に出席できるわけではありませんし、最近は結婚式をしないカップルも増えました。 そんなときに、お礼の気持ちを伝える、結婚内祝いという方法があります。いざ結婚内祝いと思っても、何を贈ればよいのか悩んでしまいますよね。今回はそんな人のために、人気がある結婚内祝いと、マナーや礼儀を説明します。

目次

結婚内祝いで人気があるのは、昔から消え物です。 結婚内祝いの定番である消え物は、名前の通り食べたり、飲んだり、使ったりすることでなくなる消耗品のことです。 いずれはなくなるので、家に多めにあっても困らないし、趣味が合わないことをそれほど気にする必要がないことが、人気 の理由です。特別なものでなくとも、日常的に使えるものが嬉しいですよね。

食品、飲み物、お酒、ワイン、洗剤、日用品や石けんなど、数多くある消え物の中で、もっとも結婚内祝いにふさわしいのはお菓子でしょう。 お菓子はいろいろな年代の人に食べてもらいやすく、喜んでくれる人も多いです。 種類も多いので、年代に合わせて贈ることができますし、季節感を出すこともできます。 また、結婚にぴったりの華やかさや縁起のよさも演出できます。

結婚内祝いの相場はどのくらい?

結婚内祝いの相場は、頂いた贈り物の金額「3分の1~半額」が目安です。相手との関係にもよりますが、基本的に相場に合わせた内祝いを贈るといいでしょう。

結婚内祝いに喜ばれる消えものプレゼント

「お菓子」、「タオル」、「入浴剤」は普段使いよりちょっといいものをセレクト

洗剤セットやタオルといった日用品

こだわりの洗剤
洗剤は、毎日使う消耗品です。夫婦での新生活が始まると1回あたりの洗濯物も増えるため、洗剤の減りが早くなるかもしれません。日常的に購入するメーカーやブランドを決めている方も多く見られますが、いつもと違った少し高級な洗剤を使えば気分転換にもなります。

上質なタオルをプレゼント

上質なタオルは、若い世代から年配の世代まで内祝いに贈ると喜ばれやすいです。ホテル品質のような上質なタオル、 人気のブランドタオルは自分で買う人も少なく特別感があります。

タオルは、毎朝顔を洗ったり、シャワーやお風呂に入ったりする時に欠かせないアイテム。 触り心地やデザインなどにこだわった上質なタオルをプレゼントしましょう。

優雅なバスタイムになる「入浴剤セット」

日々の疲れをほぐし、リラックスした気分を味わってほしいという願いを込めるなら、入浴剤がおすすめです。 見た目の華やかさや、香りによる高いリラックス効果があります。

香りの好き嫌いがある場合も考慮して、ラベンダーやハーブなど定番の種類を選ぶほうがよいかもしれません。 入浴タイムにこだわっている方に、特に適した商品といえます。

昔から結婚式ではおなじみのバウムクーヘンは、今もとても人気があります。 断面が木の年輪のように見えるため、幸せが重なることや末永い幸せを意味している縁起のよいお菓子だからです。

おすすめなのが千疋屋のフルーツクーヘンです。色とりどりのフルーツ味の小さなバームクーヘンの見た目もカラフルなギフトセットです。高級フルーツを扱う千疋屋ならではの美味しい味を堪能できます。

年配の人に贈るなら、羊かんがおすすめです。 和菓子が好きな人に喜んでもらえる羊かんは、実はとても消費期限が長いため、災害時のために備蓄している人がいる ほどです。羊かんの老舗として有名な「とらや」では、小型の羊かんを販売しています。いろいろな味が楽しめるので、おすすめです。

結婚内祝いのために、縁起のよいお菓子や地元の銘菓を探すのも楽しそうですね。

結婚内祝いとしてお菓子を贈るなら、消費期限の長いもの、食べやすく分けやすい個包装になっているものをえらびましょう。消費期限が短いと、受け取った人が急いで食べなくては、と感じてしまいます。わざわざ切り分けて食べるものには、 手が伸びないことも多いし、量が多すぎたときにおすそ分けがしにくいです。せっかくの内祝いですから、受け取る人が重 荷に感じないような配慮が必要です。

結婚内祝い カタログギフト

人には必ず好き嫌いがあるので、すべての人に喜んでもらえる品物を探すのは、とても大変です。 でも一生に一度の結婚の記念になる結婚内祝いを、どうしても喜んで欲しいと考えるのは当然のことです。 そんなときには、定番のカタログギフトを贈るとよいでしょう。

価格別になっているカタログの中から、好きな品物を選んでもらえるので、贈る人は『好みの品物ではないかも…』という 心配から解放されます。特に目上の人の好みを知るのは難しいので、自分でえらんでもらえれば安心です。

また、カタログを見ただけでは、値段がわからなくなっているため、目上の人にも失礼になりません。

カタログには、さまざまな品物が掲載されているので、えらぶ楽しみがあります。最近はキッチン、インテリア雑貨やおいしいものだけでなく、温泉や旅行を楽しめる体験型のカタログギフトもあります。 結婚内祝いに贈ったカタログで、お祝いをしてくれた人の大切な思い出が作れたら、本当にうれしいですね。

カタログギフトの種類

定番のカタログギフトですが、今は様々な種類のジャンルがあります。例えば、グルメ専門、体験。旅行専用、スイーツ専門などです。アイテム数、ジャンルも豊富で相手の好みに合わせることができます。年齢問わず人気です。

カタログギフトには、そっけないとか手抜きだという印象を持つ人がいるのも事実ですから、贈り方には気をつける必要が あります。最近は結婚内祝いを持参せずに、郵送することも増えました。カタログギフトだけが、郵送されてくるとやはりそっけない印象になるかもしれません。結婚内祝いには、お礼状を添えるとより丁寧な印象ですが、カタログギフトを贈るときには特に大切です。

結婚祝いをいただいたお礼や無事に結婚した報告とともに、なぜギフトカタログをえらんだのか、理由も伝えるとお礼状を読む人もうれしいはずです。例えば料理が上手な人には、ステキな料理が映える新しい食器をえらんで欲しいなどと伝えると、 ちゃんと自分のことを考えて贈ってくれたのだと感じることができます。

お礼状を書くときには、お返しという言葉を使わないように気をつけましょう。 現在、内祝いはお祝いをくださった方へのお返しの意味が強くなっていますが、本当は幸せをおすそ分けするという意味で、お返しとは違います。お返しには、もらったから返す、という義務的な意味を感じる人もいますから、使わない方が無難です。

また、カタログギフトにものし紙をかけるなどの礼儀をきちんと守ることで目上の人も納得してくれる結婚内祝いになるは ずです。

結婚内祝いを贈るタイミングは、結婚式をする人なら、式の後1カ月以内を目安にします。 結婚祝いは結婚式の前にもらうことが多いので、お礼の気持ちを伝えるのに、少し時間があいてしまいます。 例えば自分が小さな頃、かわいがってくれた親戚のおじさんやおばさんが、わざわざ結婚祝いを遠方から贈ってくれたら、 すぐにお礼の気持ちを伝えたくなるはずです。

そんなときは、すぐに電話でお礼の気持ちを伝えましょう。 お礼状を書かなくては、と思うとすぐに行動できない人も、電話ならできるはずです。 お祝いを贈ってもらってうれしい、と思う気持ちを素直に伝えられたら、相手にとってはこの上もない喜びです。 結婚内祝いで、一番人気があるのは、もしかするとこのお礼の言葉かもしれません。

また、お祝いを郵送や宅配便で届ける場合、届け先に到着するまでは不安に思う人も多いものです。 ちゃんとお祝いが到着したことを伝えることは、贈ってくれた人に対しての礼儀であるとともに親切でもあります。

いくらうれしくても、電話をかける時間には気を配るのがマナーです。早朝や深夜の時間に電話をしないのはもちろんですが、食事時なども迷惑がかかります。 夜も、年配の人などは9時過ぎには就寝する場合がありますから、電話は相手の年代や生活を考えてするようにしてく ださい。

結婚内祝い のし

どんなに人気の品物をえらんでも、贈るときの礼儀を忘れてはいけません。 結婚内祝いは、普通の贈り物とは違います。人生の節目に贈るものには、それなりの準備をする必要があります。

結婚内祝いに必要な準備、それがのし紙です。贈り物の包装紙の上にかけられたのし紙は誰でも1度は見たことがあるでしょう。

のし紙の中央には水引が印刷されています。 水引の右上には、細長い六角形の飾りが印刷されていますが、これがのしです。のしはもともとお祝いの贈り物に必ず添えていた、縁起のよいのしあわびが起源です。だから、お祝いのときにはのし紙をかけて、葬儀などの不祝儀のときにはのしが印刷されていない掛け紙をかけます。のし紙で、これはお祝いの贈り物だということが一目でわかるようになっているのです。

水引は紅白の結び切りかあわじ結びをえらびます。 どちらも1度結ぶと、両端を引っ張ってもほどけない結び方なので、1度限りでありたい結婚に関するお祝いに使われます。10本結び切りが基本です。

表書きには内祝い、または寿と書きます。贈り主の名前は、結婚して新しくなった名字を書くのが一般的ですが、名字の下に夫婦の名前を連名で書く場合もあります。

のし紙には包装紙の上にかける外のしと、のし紙の上から包装する内のしの2種類のかけ方があります。 結婚内祝いを直接手渡せるときには、誰からの贈り物かがわかりやすい外のしがよいかもしれません。郵送してもらうときにはのし紙が傷まないように内のしを使うなど、使い分けをするとよいでしょう。

せっかくの結婚内祝いですから、最後まで気を抜かないでくださいね。

今回は結婚内祝いで人気があるお菓子やカタログギフトについて紹介しました。また、結婚内祝いを贈るときのマナーや礼儀についても説明しました。ご友人、職場の上司・同僚、ご両親どんな方でも大切なことに変わりありません。ぜひ、実際の場面で参考にしてください。のしや水引はいろいろな場面で使いますから、これをきっかけに覚えるとよいですね。

結婚内祝いを贈ることは、夫婦になってからの初仕事です。これからも変わらないお付き合いができるように、結婚をお祝いしてくれた人たちに喜ばれる品物を贈りましょう。そして、気持ちよく新生活をスタートしてください。

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。