1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

結婚内祝いやお返しの時期はいつ?結婚式からどれくらいがマナー?

結婚の報告をしたときに、喜んですぐにお祝いをくれる人もいるでしょう。 その人が式に来てくれるなら、そこで結婚内祝いとお返しを一緒に渡すことができます。 ただ、式には参列できない人だったり、かなり前にお祝いだけ受け取ったりした場合、お返しの時期と方法がマナー的に大丈夫かは気になります。 式は前も後も忙しいですし、中にはおめでたで出産準備も同時に必要な人もいるでしょう。 時期を外さず、手が回らない時期でも時間をかけずにお返しができる方法を解説します。

目次

結婚することを報告したら、翌日くらいの勢いでお祝いをくれる人もいます。とてもうれしいことなので有り難くもらっておいてよいですが、お返しも急いでしなければいけないというわけではありません。結婚内祝いとお返しは挙式後でOKですし、時期は基本的に式のあと1ヶ月以内がセオリーだと覚えておきましょう。

式からあまりにも前にもらってしまうと、かなり先の話になってしまうのでマナーが気になる人もいるかもしれません。でも心配は必要なく、どれだけ前にもらっても式が終わってからでよいとされていますので安心してください。

そもそも結婚内祝いは結婚のお祝い事をお裾分けする意味なので、いわゆるお返しとは主旨が違います。もらってすぐに返さなければならないものでもなければ、式を挙げていないのにおくる必要もありません。無事に式が終わったら、その報告もかねて後贈りすれば問題ないのです。

ただ早くもらった分、できるだけ早くおくりたいですから、1ヶ月という時期にこだわる必要はありません。どうしても気になるという人は、お礼の言葉と、挙式したら正式に内祝いをおくりたいと、相手に一言伝えておくとよいでしょう。これなら相手も安心しますし、喜んでもらえてうれしいと感じるはずです。

例えば職場にいる相手や、自分の上司だったりすると、お祝いをもらっておきながら毎日黙って顔を合わせ続けるのもかなり厳しいものがあります。一言あれば人間関係もスムーズにいきますし、直接いえる時間がなければ別途手紙を送ってもよいでしょう。

さまざまな都合で、式は挙げるけれど先に入籍を済ませるケースもあります。赤ちゃんが生まれるような場合には多いことですし、仕事の都合もあるでしょう。

先に入籍して一緒に住み始める人もいますが、その報告をしたときにお祝いをもらうことは多々あります。結婚生活が始まっているわけですから、いろいろと入用だろうと気を遣ってくれている場合もあるでしょうし、出産祝いもかねている場合もあるでしょう。

こうしたパターンでは、式の予定ははるか遠く、半年先や1年先などになるケースもあります。基本的に結婚内祝いは式のあととはいえ、あまりにも先だとさすがにマナー違反ではと気になるのも当然でしょう。でもこの場合にも、やはり結婚内祝いは式を挙げたあとでOKされていますので安心してください。

ただ、式がかなり先なので、正式な内祝いは遅くなると相手に伝えておいた方が丁寧でしょう。直接お礼がいえればそれが一番ですが、もし遠くにいる相手なら手紙を書くのがスマートです。感謝を伝えて式が先になることを伝えればよいでしょう。

総じていえば、内祝いというものは「挙式」を軸にしていると理解しておくと間違いがありません。それより問題はあまりに先すぎて、当日すっかり忘れ切ってしまわないようにすることだけです。

前述のとおり、内祝いは挙式が軸ですので、そもそも結婚式を挙げない場合はどうなるのか気になるところです。現代は、式は挙げないスタイルも一般的な選択ですので、その場合は軸となるのが入籍だと考えましょう。つまり挙式の場合、内祝いの時期は終了後1ヶ月以内ですから、入籍の1ヶ月以内を目安にすればOKということです。

ちなみに結婚内祝いの正式な渡し方は、先方の家へ夫婦で訪問して持参するというスタイルになります。さすがに現代でこの通り正式にしている人は少ないので、あまり気にしなくてもよいでしょう。相手もそんな堅苦しいことをされても困る場合がありますし、遠くにいたりすると夫婦の交通費だけでお祝いが飛んでしまうことになります。新婚生活にお金はとても大事ですし、そもそもそうした足しにするための援助の意味もあるわけですから、そこは簡略化させてもらいましょう。

手紙や電話でお礼を伝えて、内祝いはインターネットなどで素敵なギフトを選び、喜んでもらうことが現代に即したマナーといえます。ただ、単に品物を送るだけではちょっと味気ないですし、失礼にもあたるのでギフトにメッセージを添えるか、別途手紙を書いて品物が届くことを伝えるとベストです。

結婚内祝いをすっかり忘れてしまったと気づいたら、夫婦そろって真っ青になってしまうかもしれません。祝い事から1ヶ月以内が目安なので、それをちょっとすぎたくらいならまだ大丈夫です。

大急ぎでインターネットを検索し、素敵なギフトを選んで手配すればなんとかなります。無事に挙式したことや出産したこと、入籍したことなどを報告する手紙を出せば許される範囲でしょう。それでもフォローしきれないほど、間が空いてしまったという場合はどうすればいいでしょうか。

避けたいことではありますが、かなり前にお祝いをもらってしまうと、すっかり内祝いを忘れてしまうことは事実、あります。もしかしたら1年以上もの期間がすぎてしまっているかもしれません。気づいたときは、もう「今さら」というくらいの年月が経ってしまうこともないとはいえないでしょう。そんなときどうすればよいか、結論からすれば、素直に謝るのが一番です。

頭を下げれば、たとえかなり目上の人でも、ほとんどの場合は「若者はしょうがないな」と許してくれるのが普通です。ただ、あまりにも時期を逸してしまった場合は、さすがに結婚内祝いという名目では送らない方が無難です。どんな形でもいいので、お土産でもお中元でもお歳暮でも、別の形にして「その節はありがとうございました」と遅ればせながらお礼を言うのがよいでしょう。

できれば直接手渡しで、難しいならインターネット経由で素敵なギフトを選んで送るのがおすすめです。

式を挙げる場合、結婚内祝いの準備は通常、式場を決めるのと同時期くらいにスタートします。一概にいえませんが、一般的には式場を決めるのは披露宴の6~3ヶ月前くらいになるでしょう。

同時に引き出物選びが始まりますが、結婚内祝いと引き出物とを同じ物にするスタイルもかなり多くなっています。別々に選ぶカップルもいますが、いずれの場合でも同時期に準備を進めればよいでしょう。

近年主流となっているのが、相手による贈り分けです。かなり昔は、大きな食器やインテリアなど、何か一つのものを全員に同じく贈るというスタイルでした。ただ、参列者には独身者もいれば結婚している人もいますし、子どものいる人もいればすでに年配の人もいます。一人ひとりに喜んでもらうためには、やはり個別にギフトを考えるのが一番でしょう。

本来なら一人ひとりに合うものを選び、時間をかけて吟味したいところですが、結婚式の準備が始まったらとてもそんな時間はなくなります。 そんなときに便利なのがインターネットで贈れるカタログギフトです。カタログによってグレードやジャンルを変えられるうえに、受け取る側が自分の好きなものを選べるので、とても満足度が高いのが人気の理由です。

もう一つ、カタログなら式に参列したあと、家に持って帰る労力がありません。昔は重い食器セットを一人ひとり持たされて、かなり苦労した経験を持つ人もいるのではないでしょうか。その場で持って帰っても軽いですし、自宅に贈れば参列者は手ぶらです。

時間がなくて内祝いに迷っているようなら、選択肢の一つに入れるのもおすすめです。

結婚祝いのお返しに結婚内祝いを贈る時期は、結婚式や入籍日を起点に、あと1ヶ月以内というのが基本のマナーです。式のかなり前にもらった場合にも式が終わるまでは贈らなくても大丈夫ですので、感謝の気持ちと後日贈ることを相手に伝えておきましょう。

間が空きすぎたり式を挙げなかったりすると贈り忘れてしまうこともありますが、そのときには謝って別の形で贈るのがベターです。カタログギフトは一人ひとりへの贈り分けにも適していますし、いつでもすぐに手配できるので困ったときにはおすすめの品物です。

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。