1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

親戚への結婚内祝いの相場はいくら?何を贈るのがいいのか調べてみました

親戚から結婚祝いをもらったとき、結婚内祝いはどのくらいの金額が相場なのかを知り、適した品物を選んでお返しとすることが重要になります。 親戚への返し方には友人とはまた違った作法がありますので、十分に理解して失礼のないようにしましょう。 親戚からの結婚祝いに対するお返し相場と、適したお返しの品物を選ぶためのノウハウと手順をまとめました。

目次

結婚することそのものが完全にプライベートなことなのに、共に喜んでおめでたいという気持ちを持って喜んでしてくれるのが結婚祝いです。

親戚の中には、小さなころからその成長を見てきたという人もいて、かわいがってきた孫が結婚すると聞かされた祖父母や、小さいころに一緒に遊んだ甥っ子や姪っ子が結婚することになったと知らされた叔父、叔母にあたる人なら、お祝いをしてやりたいと思うのが人情です。親戚の中でもとりわけ大切な存在だと思ってくれているとき、結婚祝いはするけれども、最初からお返しは期待していないという人も少なくありません。

その反対にほとんど会う機会がなく、一緒に過ごすこともなかった甥や姪が結婚すると聞かされたら、結婚する当人への祝福ではなく、彼らの親との付き合いから仕方なく結婚祝いをするという親戚もまた少なからず存在しています。

親戚からの結婚祝いにお返しは必要ないのではないかという考えは、前者に該当する人たちで、お返しは期待していないという感情と愛情からくるものです。

注意すべきなのは、結婚祝いをもらうのはお返しを期待していない人だけではなく、身内同士のお付き合いもあって仕方なくするという人たちの存在です。

お付き合いだからともらった結婚祝いには、お祝いしてくれた人よりも注意を払って正式な結婚内祝いのお返しをしないと、親戚という近い存在だけに結婚するなり不評を買ってしまいかねません。

親戚への結婚内祝い相場額

結婚という新たな節目に立ったのですから、心から喜んで結婚祝いをしてくれた人はもちろん、親戚付き合いだから仕方がないとして結婚祝いをくれた人にも、相場から外れない値段での結婚内祝いのお返しをするのは、新婚夫婦としての出発点です。

夫の家族とこれから付き合いが始まる妻女性も、同じく妻の家族と付き合いしていく男性も、どちらもウェルカムな感じで受け入れてもらうには、礼儀正しい対応が求められます。

結婚内祝いのお返しをするのは、結婚式の披露宴でのおもてなしや引き出物を受け取ってもらえなかった相手に対してで、もらった結婚祝いの金額によってお返しの品の金額も変わります。親戚に対する結婚内祝いのお返し相場は約3割から半額で、3割返しや半返しという言い方はどのくらいがお返しの相場になるかの金額を表したものです。

半返しなら常識があり、3割返しだとケチといった言われ方もされますが、親戚同士においてはむしろ、あまり多く返しすぎると逆に失礼になります。

とてもかわいがってもらっていた人からは非常に高額のお祝いをもらうこともありますが、お返しの品が高額すぎると返って気を遣わせることになるからです。親戚に対しては、すべて3割返しに統一してしまうというのもアリです。

結婚というのは本人同士のつながりであると同時に、家同士の新たなつながりでもあります。地域によっては住んでいる一帯がすべて親戚ということも珍しくなく、その中で中心となる家と家長の存在があるのが普通です。

親戚つながりの範囲が広いと、家長が代表して高額の結婚祝いを贈ってくれることもありますし、家長が一番多くのご祝儀を出して、家長につながる親戚は家長を超えるお祝いをしないように、それぞれで結婚祝いを贈ると決めているなど、地域による差が見られるのも意外とよくあるシチュエーションです。

結婚内祝いのお返しの品はもらった金額によって変えるのが普通ですが、親戚の中でも家長として君臨している人から多くのお祝いをもらったとき、絶対に半返しをしてはいけません。

年齢が上で、親戚の中でも一番の重鎮である人から贈られた結婚祝いに半返しをするのは、これくらいの額では足りないと思わせてしまうことになるからです。

とりわけ昔ながらの風習が残る地域では、これまでどのように結婚内祝いのお返しをしてきたのかを事前にしっかり調べておくことが肝心で、親戚に対しては、受け取ったお祝いが多くなるほど内祝いのお返しは少なくしていくと考えておく方が、むしろトラブルを避ける要因にもなります。

親戚への結婚内祝いにカタログギフトを選ぶ

親戚への結婚内祝いのお返しでは、品物を何にするべきかで迷ったときには商品券を贈っても大丈夫です。

会社の上司や目上の人には失礼にあたる金券類ですが、親戚ということもあって贈ってもいいところは他の人との一番の相違点といえます。ただしここでも、親戚の中で長として存在している方に対しては、お金にダイレクトにつながるイメージがある金券類は、ご祝儀に対してお金で返してきたという印象を与え、不愉快にさせる可能性がありますので、避けた方がいいでしょう。

金券類はいとこや兄弟姉妹など、品物よりも自分たちで好きなものを買いたいという相手に直接尋ねた上で、希望を聞いてお返しの品にするのがおすすめです。高額のお祝いをもらったうえに親戚の中でも重鎮となる人へのお返しには、カタログギフトが適しています。

品物でお返しするにも予算相場に見合う品がないとなると、いくつもの品を選ぶことになってかえって不格好だからです。カタログギフトなら10万円の結婚祝いに対し、3万円程度から選ぶことができ、親戚に対する結婚内祝いのお返しの相場に則ったものとなります。

あからさまにお返しの品がいくらなのかがわかりにくい点も、目上の人にお返しするには最適なうえに、粋なプレゼントという要素も持っているのがカタログギフトのよです。

気を使わない相手への結婚内祝い

親戚の中に別段気難しい人がいなくて、親戚みんなで新しい親族が増えたことを大いに結婚を喜んでくれたという人たちばかりだったなら、結婚内祝いのお返しにプレゼントの要素を持つ品物を選ぶのもおすすめです。

近年、結婚内祝いのお返しとして体験ギフトを贈る新婚夫婦が増えてきて、これまで育ててくれた両親を筆頭に、かわいがってくれた祖父母に叔父や叔母、仲良く遊んだいとこたちに楽しんでもらいたいという思いを込めて、サプライズ的に贈れるのも人気のゆえんです。

子育て真っ最中のいとこには、家族で楽しめるマリンレジャーなど、みんなで体験するアトラクション要素を持ったギフトがおすすめです。叔父や叔母、祖父母に両親には、ゆっくりと温泉旅行に行ってもらうのがいいでしょう。

体験型ギフトのお返しもカタログギフトから選べますので、もらった結婚祝いの金額から換算して相場を考えながら、お返しの相場に沿って選ぶことができます。

結婚するとき、親戚からは特に高額の結婚祝いをもらうことになりがちですから、感謝の気持ちを込めて奮発してお返ししたい場合に、値段がわかりにくい体験型カタログギフトは最適です。

結婚した二人から、感謝の気持ちがこもった贈り物として、体験した人たちすべての心の中にぬくもりとともに貴重な思い出を残してくれる、ちょっと粋な結婚内祝いのお返しとなります。

親戚への結婚内祝いのお返しは、原則としてきちんとすると考えて選ぶのが大前提です。悩み種は、お返しの品の相場をどの程度にするかで、価格に見合った品物を何にするか、品選びで非常に困るのも親戚への結婚内祝いのお返しになりますが、これはもう頭を悩ませることになるのは仕方ないと割り切って、真剣に探す以外にありません。

定番のお菓子の詰め合わせから、体験型の遊びというプレゼント要素を持ったものまで、カタログギフト一つで幅広く対応できます。

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。