1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

結婚内祝いの熨斗!読み方!書き方にかけ方、水引も解説!

結婚祝いをくださった人へのお礼として差し上げるのが、結婚内祝いです。 結婚式の当日に渡す引き出物と違って、内祝いは結婚式に出席ができなかった人のために(または結婚式を行わなかった場合にも)、後からそれぞれの方に贈ります。 品物えらびも大変ですが、マナーについてもよくわかっていないと、何だか自信が持てませんね。 今回は結婚内祝いの熨斗の書き方や水引のえらび方について解説します。

目次

熨斗の呼び方

熨斗の読み方は、のしです。 よくお祝いの贈り物に、熨斗紙をかけるといいますが、熨斗紙は熨斗が印刷されている紙のことです。 贈り物に熨斗紙をかけると、水引が真ん中を横切っています。 水引の中央には、結び目がありますが、その右上に細長い六角形の飾りがあるのがわかるはずです。

この六角形の飾りが熨斗で、干したあわびを和紙で包んだものでした。 あわびは、長寿の象徴で縁起がよいものだったので、昔は必ずお祝いの贈り物に添えました。

薄く長く切ったあわびを伸ばして干したので、のしあわびと呼ばれましたが、それが省略されて熨斗という名前になりました。

あわびで作られていた熨斗が、いつしか和紙でできた飾りになり、さらに印刷されたものへと変わっていきましたが、今でもお祝いの贈り物に必ずつけられています。 熨という字には、伸ばすと同じような意味があり、昔風のアイロンのことを火熨しと呼んでいました。

熨斗を付けなくても良い場合

結婚のお祝いに熨斗紙がかかっていなかった場合、相手に合わせて、自分もかけないほうがよいのかと迷う人もいるかもしれません。自分だけが熨斗紙をかけることで、相手に気を遣わせてしまうかもしれないとも考えられます。 熨斗紙ではお祝いの気持ちを表すほかに、結婚して新しくなった名字を紹介したり、誰と誰が結婚しました、と報告ができます。結婚内祝いには、かけた方が相手にとっても親切ですし、何のための贈り物なのか、贈った人は誰なのかがハッキリとわかるというよさもあります。 実用的でもありますから、ぜひ結婚を機会に、熨斗紙に親しんでおきましょう。

ただし、熨斗を使わなくてもよい場合がありますから、お知らせしておきます。

1つは、葬儀などの不祝儀の場合です。 熨斗はおめでたいことの象徴なのが理由ですが、もともとがあわびなので、生臭物として仏前にはあげられないという のも、大きな理由です。葬儀のときには、熨斗がついていない掛け紙を使います。

もう1つは、お中元などで肉や魚を贈る場合です。

水引の選び方

印刷されている水引にも、お祝いの気持ちや幸せであるようにという願いが込められています。 お祝いの贈り物に使う水引には、引っ張ってもほどけないものと、ほどけるものの2種類があります。

結婚内祝いの場合は紅白の結び切り(地域によっては、あわじ結び)をえらびます。 この結び方は1度結ぶと引っ張ってもほどけないので、結び直しができません。 そのため、1度限りであって欲しい結婚のお祝いのときに使います。また、引っ張るといっそう強く結ばれることも、縁起がよく、結婚のお祝いに使われる理由になっています。

結婚のお祝いの場合、水引の本数は10本が一般的です。 これは結婚で新たに親戚になる2つの家が、強く手を結んでいる様子を表しているといいます。 お祝いの水引には、ちょう結びもよく見かけます。

この結び方は、引っ張るとスルリとほどけて、何度でも結び直しができます。 そのため、出産や進学など、何度でも経験したいお祝いのときに使われます。

このことを考えると、結婚に関する贈り物にはすぐにほどけるリボンよりも、熨斗紙の方が合っているように思えてきますね。 同じお祝いでも、結び方を間違えると、マナー違反になるし、かなり気まずい思いをします。

熨斗の書き方

水引の結び目の上辺りには、表書きを書きます。 これは昔、贈り物にその内容を記した目録を添えていたことの名残で、今は簡単に表書きを書くだけになっています。 何のための贈り物なのか、一目でわかるようにするのが目的なので、結婚内祝いでは内祝い、または寿と書きます。

贈り主の名前は、水引の結び目の下辺りに書きます。 結婚して新しくなった名字を書くのが一般的ですが、名字の下に夫婦の名前を連名で書く場合もあります。 結婚内祝いは、結婚式に出席していない人に贈るものなので、熨斗紙の名前が、夫婦の初めてのお披露目になる場合があります。相手が夫婦の共通の知人でない場合も、名前を連名で書くことで新しいパートナーを紹介できます。 名字だけでなく、夫婦の名前を連名で書くことにはメリットもありますが、名前の書き方は、その家によっても違いますし、地域によっても違いがあるようです。

普段はこのような慣わしを人と比べることはありません。その分、自分の常識がスタンダードだと思ってしまいます。 自分の常識を信じるあまりに、相手のことを非常識などと思うことは(思われることも)、結婚生活の始まりを暗くしてしまいますから、結婚内祝いを贈る前に、一家でよく話し合って意見を統一しておきましょう。

この話し合いが新しい家族の第1歩になるかもしれません。 もし自分で表書きや名前を書く場合は、毛筆や筆ペンをおすすめします。 これ以外の筆記用具の方が手軽ですが、熨斗紙を書く場合にはカジュアルになりすぎるので、使わない方が無難です。

あらたまった気持ちを出すためにも、毛筆や筆ペンを用意してください。 そして黒くハッキリとした読みやすい字を書いてください。色が薄いのは、葬儀などの不祝儀のときの薄墨という書き方です。

いろいろな決まりがあって、表書きや名前を書くのが嫌になってしまう人もいることでしょう。 本当に表書きや名前は書くべきでしょうか。 実はそれらを書いていない熨斗紙を使う場合もあります。

無地熨斗というのは、表書きや名前を書かない分、格式張らないちょっとした贈り物にかける熨斗紙のことです。 そもそも大げさにしないのが内祝いですから、結婚内祝いの熨斗紙に表書きや名前を書かなくてもよいような気がします。 でも、結婚内祝いの目的を考えると、やはり表書きも名前も書いてある方がよいでしょう。

自分のことだけでなく、受け取る人のことも考えて、頑張って表書きと名前を書いてください。 どうしても自信がなければ、内祝いの品物を購入したお店などに、頼むことができます。

サービスで書いてくれる場合が多いので、遠慮はいりませんが、お店に頼む場合は、表書きや名前の書き方などを、きちんと指定することが大切です。 ちなみに無地熨斗を使う場合は、手土産やお歳暮など、かなりカジュアルな場面です。

熨斗のかけ方

熨斗紙をかけるときには、どのように相手に贈り物をするかで、方法を変えるとよいですよ。 品物にかけた熨斗紙の上から包装する内熨斗は、熨斗紙が守られますから、宅配便などを利用するときには安心ですね。

また、控えめがよいといわれる内祝いでは、好んで使われています。 包装紙の上から熨斗紙をかけることを外熨斗といいます。

自分で結婚内祝いを持参して、手渡しする場合には、何のための贈り物か、贈った人は誰なのかがハッキリわかるように、外熨斗がおすすめです。 贈り方によってかけ方を変えることで、相手への気遣いが感じられて、いっそうお祝いの気持ちやお礼の気持ちが伝わるかもしれません。

熨斗紙をかけるときに、品物の後ろで重なる場合がありますが、これも重ね方が決まっています。 品物を裏返したときに、向かって右側を上に重ねるのが、慶事掛けといってお祝い事のときの方法です。

今回は結婚内祝いの熨斗について解説しました。

由来や、書き方、水引のえらび方だけでなく、熨斗紙のかけ方まで説明しましたので、自信を持って結婚内祝いが贈れることでしょう。 少し面倒な気がする熨斗ですが、贈り物に1枚プラスすれば、お祝いの気持ちを表し、何のための贈り物か、贈ったのは誰なのかをハッキリさせてくれる便利な存在です。その上、礼儀の面でもまず心配はありませんから、きちんと熨斗紙をかけた結婚内祝いで、お祝いをしてくれた人に、お礼と結婚の報告を済ませてくださいね。

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。