1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

家族葬でも香典返しは必要?挨拶文の書き方や文例について紹介

最近では家族葬といって、親しい人たちだけで小ぢんまりと故人を送り出す方式も人気です。ところでこの家族葬の際、香典返しを準備する必要はあるのでしょうか?必要なら、どのようなあいさつ文を作成すればいいかについて、以下で詳しく解説します。

目次

形式にのっとって行う葬儀・葬式・通夜は面倒、あまり大げさにしたくない、最低限の費用を見送りたい、故人の遺言などの理由で家族葬を選択する遺族が増えています。また高齢化社会の影響で定年退職してしばらくして亡くなったので参列する人がそもそもいないなども要因となっているようです。家族葬は親族や親しい友人だけの少人数で行うため、費用も安くゆっくり見送れるメリットがあります。

この場合、香典辞退とするケースが少なからず見受けられます。受付作業参列者対応に煩わされることなく、静かな最期のひと時を過ごしたいという思いがあるからです。しかし辞退と明記していても中には香典をいただく場合もあるでしょう。また参列しなかった人が後日訃報を聞いて、香典をもって自宅を訪問する方もいるかもしれません。香典をもらったのであれば、通常の葬儀・葬式と同様に香典返しは家族葬でも出さないといけません。

即日返し(当日返し)を行った場合には?

最近の葬式では即日返し(当日返し)を選択する家族も見られます。香典返しを葬儀の当日に行うスタイルです。この場合には香典をいただいた場合でも後日品物を送る必要は基本なく、不要です。ただし一律の品物を渡す形になります。すると中には予想より多く香典を包んでいただき、即日返しだけでは不十分なケースも出てくるでしょう。金額の違いについては、絶対ではありませんが、一般的な目安として、頂いた金額の半返し程度、いただいた香典の半額程度のものをお渡しすることが良いとされています。ただ、お返し、返礼する相手との関係、身内なのかにもよって変わってきます。高額な香典を頂いた際などは特に、家族、親類で相談して、香典返しの品選びをするとよいでしょう。

その場合には従来のマナー通りに、忌明けになった時点で改めて香典返しを出すべきです。タイミングについては宗教によって異なります。仏式四十九日三十五日が一般的です。神式五十日キリスト教1か月後を忌明けとします。こちらはどのスタイルで葬式を行うかで決めましょう。

香典返しの手配をする際には、品物だけでは味気ないです。何か一言添えて送りましょう。家族葬における挨拶状は、基本的に一般の葬式の際と同じです。以下のような構成で作成すれば、問題はないでしょう。

まずは挨拶からスタートします。この時故人の名称ですが、亡父○○儀のように喪主との続柄を明記するように心がけましょう。続いて仏式の場合四十九日が無事終了したことの報告をします。この時戒名をいただくはずですから、その名称も記載するのが一般的です。ただし親しい人が相手の場合、少しカジュアルな文章にしたければ戒名は省いても問題はないです。

次に書くべきことは、生前故人とのお付き合いに関する感謝の意です。改めてお礼をここで述べましょう。しかしほかの部分の内容が熱くなって長文になりそうな場合には、この部分を省略しても構いません。続いて、香典返しの贈り物を出したことに関する報告をしましょう。もし香典返しなしでお礼状だけの送付の際には、当然こちらは省略します。

最後に書面でお礼したことのお詫びを書き記しましょう。もともと香典返しは相手のお宅を伺って、直接手渡しするのが正式な作法です。そこで略儀にしたことに関するお詫びの文章は必要です。そして謹白敬具などで締めくくりましょう。和暦の日付と喪主の名前を記載して完了です。通常葬儀では喪主名とともに「親戚一同」と記載することが多いです。しかし家族葬は親戚のみで執り行われることが多いため、この部分は記載しないほうがいいです。以下文例を一つ掲載しますので、作成の際の参考にしてみてください。

謹啓

先般 亡父 (名前)儀 葬儀に際しましてはお心のこもったお悔やみの言葉をはじめ過分なお心配りをいただきありがとうございました。
おかげさまで(戒名)四十九日の法要を相営みました。
生前のご厚誼に関して改めてお礼申し上げます。
ささやかではございますが、感謝の気持ちを込めて心ばかりの品物をお送りいたします。
まずは略儀ながら書中を以て御礼のご挨拶とさせていただきます。
謹白
令和〇〇年○月○日
喪主の名前

参列しなかった方への挨拶状

家族葬の場合、ごく親しい人だけで行いますから案内しなかった、参列を辞退していただいた方も出てきます。このような人たちに葬儀が無事終わったことを知らせるはがきなどを送るのがマナーとされます。一般的には四十九日の法要後もしくは納骨後に送付、郵送します。

書くべき内容ですが、亡くなったことのお知らせと生前お世話になったことへのお礼を伝えることです。そしてもう一つ大事なのは、お詫びの文面を記すことです。事後報告になった、もしくは参列を希望した方に辞退したことに対して詫びる文章は含めたほうがいいです。

詫び状を送る際には、タイミングも大事です。しかし中には年末に近い時期に亡くなるケースもあるでしょう。この場合、喪中はがきを挨拶状の代わりとして送っても問題はないです。もし喪中はがきで報告を希望する場合、11月中旬から12月初旬までには投函しましょう。そうすれば、相手も年賀状のはがきを出さずに済むからです。

挨拶状作成の際にマナー違反の項目がいくつかあります。その中には普段何気なくついやってしまいがちなポイントもいくつかあるので注意しましょう。ここでは特に気を付けるべき項目についてまとめました。

季節の挨拶

普通手紙を出す際、フォーマルなものであれば季節の挨拶から文章を始めます。しかし香典返しに添える手紙の場合、こちらは省くのがマナーです。謹啓のような頭語から始めて、いきなり本題に入っても問題はないです。

また頭語と結語はペアになっています。謹啓なら謹白、拝啓なら敬具と決まりがあります。これはちぐはぐにすると、文章にまとまりがなくなります。

敬語の使い方

敬語の使い方を誤ると文章が不自然になるので注意しましょう。特に注意したいのは、逝去という言葉です。こちらは「死ぬ」の敬語に当たります。身内に対して使うのは不適切です。「死」などの直接的な表現は使うべきではないです。

もし亡くなったことを文章に盛り込みたければ、「永眠」もしくは「他界」といった言葉を用いることです。ついつい使ってしまいがちな言葉なので、ミスのないように心がけましょう。

長文はNG

いろいろと内容を含めたいと思う人もいるでしょうが、あまりにボリュームがありすぎるのはかえって失礼です。特に弔事のお礼状は1枚に収めるのが一般的です。「重なる」という言葉は忌み言葉で不吉と考えられます。不幸が重なるなどの意味合いになって避けるべきです。ですから1枚に収まるようなシンプルな文章を考えましょう。

重なるという部分では封筒にも注意を払うべきです。二重になっている封筒は縁起が悪いといわれているからです。一重の白無地の封筒を準備しましょう。

どうでしたか?家族葬であっても香典をいただいた場合には、香典返しを出す必要があります。この時あいさつ文も添えて送ったほうがていねいな印象を与えます。親しき中にも礼儀ありという言葉もありますが、たとえ気の置けない親せきや友人でも一定のマナーがあります。

上で紹介した文例をベースにして、自分なりの言葉で生前故人と親しくお付き合いいただいたこと、葬儀に参列していただいたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。心配であれば、ほかの誰かに文章をチェックしてもらって問題はないか確認したほうがより確実です。

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。