1送付先2万円以上のご購入で送料無料

内祝い、お返しギフトの専門店 マイルームギフト

カート
1送付先2万円以上のご購入で送料無料! お祝いや内祝いに最適なギフトを豊富なラインナップで取り揃えております。

香典返しを辞退するマナーとは?手紙の書き方、例文、文例と失礼にならないポイントを紹介。

香典を包めば、喪が明けたことを知らせる挨拶状と一緒に香典返しが届きます。 喪主からの返礼というお葬式での習慣ですが、いくつかの理由から香典返しを辞退するということもよくある話です。 どのような事情があるときに辞退するのかと、香典返しを辞退する旨を知らせる際に、失礼にあたあたらない方法と書き方の具体的な例文をまとめました。 相手との立場などを踏まえて例文を参考にすれば、適切な辞退の手紙が書けるようになります。

目次

香典返しを辞退する理由の一つめが、会社関係の人の葬式に出席して香典を渡したけれども、就業規則によって受け取ってはならないとされているときです。 一家の大黒柱を失って、残された家族の生活が今後大変になるであろうと思われるお葬式に参列したときも、遺族の負担を考慮して香典返しを辞退することはよくあります。

二つめが、香典として包んだ額への関係です。 複数人で集まって香典をしたら、それほど高額な香典をするには至らなかったとなり、そうなると一人あたりの額はとても少なく、少額となります。 あるいは連名で香典をしたので、それぞれに香典返しをしてもらうと、逆に返す側の負担の方が多くなってしまい、かえって返されると困るという状況もあるでしょう。

香典を集まってしたときに、それぞれの負担した金額が少ないときは、お返しの辞退につながるケースとしてよくあります。 地域の選挙区において、選挙活動に参加してくれている人の葬儀に会葬する政治家は多数存在しますが、政府関係者をはじめ、公的な組織に属している人は、たとえ私人として会葬して香典を渡しても、香典返しを受け取ってはいけないと法律で定められています。

お参りに来てもらった方が、公的な立場にある人にお返しをもらってはならないという規則を知らない方が多いために香典返しを用意されるかもしれないということで、あらかじめ知らせて香典返しを辞退するのです。

香典返しを辞退すると決めているならば、早めに連絡した方がいいでしょう。 日本ではほとんど仏式のお葬式が行われますので、仏式で葬儀を行った場合の香典返しは、忌明けもしくは満中陰にあたる四十九日法要か、満中陰法要を終えたときです。 長いようで短い期間のために、かなり早い段階から準備にとりかかる可能性があります。

後日改めて手紙を出して、香典返しを辞退する旨を知らせる方法もありますが、いちばん簡単なのは香典返しを辞退する旨を、香典袋に直接記しておく方法です。 香典袋の中袋に住所・氏名を書き、その左側に「香典返しについては辞退させていただきたく、お願い申し上げます。」と一言したためます。 中袋に書いておくと、遺族が香典袋を開けた際に気づいてもらえますし、渡したときに目につかないようにしたいという人や、葬儀の際に混乱させたくないという場合に適しています。

中袋がない場合には、香典袋の外側に中袋に書くのと同じように書いておけば、より簡単に気づいてもらえるでしょう。 受け取ってはいけない立場の人はむしろ、香典袋に書くのがいいかもしれません。 だいたい定型文を書けば問題ありませんが、表書きを薄墨にしたらお返しを辞退する文面も薄墨で書くのが、お悔やみの基本と言えるマナーです。

香典返しは辞退すると決めているとはいえ、手渡した際にお返しはしなくていいからと言うと、なんだか催促しているようにも聞こえてしまってなんだかなあと思う人もいるでしょう。 かといって香典袋に書くのは無粋だと感じるのであれば、一筆箋にしたためて香典袋に同封するのがおすすめです。 香典袋に書くのは効率がよいものの、香典袋には簡潔に辞退したいと記すだけですので、中には香典返しをされてしまう場合があります。

公的機関や組織に属しているために受け取れない人はもちろん、残された家族の事情を汲んで香典返しは固く辞退するつもりであれば、一筆箋に自身が香典返しを辞退したいのだと伝えるのがいいでしょう。 一筆箋ならある程度の文章が書けますので、それならばお言葉に甘えてと香典返しを控えてもらえるはずです。 具体的な例文としては、「心よりお悔やみ申し上げます。誠に勝手ではございますが、お返しのお心遣いは遠慮させていただきます。」と記すのがよく、その上で故人との関係性などから、「ご遺族の今後のために、少しでもお役立てください。」といった具合に、残された家族を案じる言葉が適切です。

締めくくりには「故人のご冥福をお祈り申し上げます。」と書きましょう。 一筆箋も、薄墨で書くのがマナーです。

不幸の知らせを受けても、必ず葬儀に会葬できるとは限りません。 遠くに住んでいるなどで、どうしても葬儀に参列できないとなれば、お香典だけでも送りたいとなるでしょう。

香典を郵送する際には、一筆箋ではなくお悔み状として手紙という形で、香典返しを辞退したいと知らせるのがおすすめです。 香典とともに同封するお悔み状に必ず記すべき内容は、お悔やみの言葉と葬儀に参列できないお詫び、そして香典返しを遠慮するといった3点を盛り込みます。

お悔み状は手紙ですので、薄墨で書く必要はなく、黒のボールペンまたは万年筆などで、きちんと読めるように書きましょう。 例文は以下を参考にしながら、状況に応じた言葉を当てはめていくことでお悔み状が出来上がります。

「○○様の突然の訃報を受け、ご家族の皆様のご心痛を拝察するとともに、心より〇〇様のご冥福をお祈りいたします。 本来であれば直接お悔やみの言葉を申し上げたいところですが、遠方のためままならず、誠に申し訳ございません。 些少ながら心ばかりのご香料を同封いたしました。 御霊前にお供えいただければと存じます。 なお、勝手ながら香典返しのご配慮は辞退させていただきます。 何卒ご了承ください。 まずは略儀ながら書中をもちましてご冥福をお祈り申し上げます。」

香典返しを辞退するにあたっていくつかの方法に適した書き方がありますが、それでも遺族としては香典をもらった以上、お返しをしなければと考えるかもしれません。 公的機関や組織に属し、香典返しを受け取ってはいけない立場の人は、香典返し辞退用の封筒が用意されています。 お返し不要の旨が印刷されている封筒で、家族の中に知識のある人がいれば、この方にはお返しをすると逆に迷惑をかけるということに気づいてくれるでしょう。

明らかに香典返しを辞退しますというメッセージとは異なるため、知らない人もこれは普通の辞退とは違うから気をつけないといけないとなるはずです。 香典袋及び中袋、さらに一筆箋にお悔やみ状などで、あらかじめ辞退したいと伝えたものの、遺族側がそれはいけないと考えて香典返しが届いてしまうことがあります。 これは遺族としての気持ちですので、そのまま受け取るしかありません。

お返しをする立場としていろいろと考えた末での決断でしょうから、そこは受け取るのが正解です。 香典返し辞退の意向を伝えたことで、香典返しではなくちょっとした気持ちの品が届くこともあります。

負担をできるだけ減らしたいという思いから辞退したときには、気を遣わなくてよかったのにと思ってしまうところですが、そこは遺族の気持ちを汲んで受け取っておくのも、これまた配慮かもしれません。親族から感謝の気持ちは素直に受け取りましょう。

香典をしたなら、その返しを受け取るのは当然と考えている人の方が多いかもしれませんが、相手の立場やお葬式の後に訪れる事情をわかっていると、香典返しを断ることは少なくないのです。

例文を参考に、もっとも適した方法、言い方で辞退したいという気持ちを早めに遺族や喪主に知らせましょう。 香典返しの辞退そのものは失礼にあたらないため、早く伝えることが遺族への心遣いにもなります。

ギフトアイコン 香典返しオススギフトを見る

喜んでもらえるギフトが充実!挨拶状や無料のメッセージカードもご用意

お困りごとはありませんか?

ギフト専門スタッフが
ご対応します

【MYROOMはネット販売20年以上の経験を持つ、内祝いとギフトの専門店です】
カタログギフトの品揃えを豊富に揃え、グルメギフト、タオルギフトなど内祝いでオススメのギフトを数多くご用意!
即日対応でお届けできるカタログギフトをはじめ、オリジナルデザインのオプションで、ギフトを華やかに彩ります。
簡単注文でブライダルや出産内祝い、快気祝いなど様々なシーンに対応し、あらゆる方に喜ばれる豊富なラインナップのカタログギフトやグルメが揃っています。